読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽、ギター最新情報&レビューブログ

京都のしがない学生です。洋楽の最新情報やレビュー、ギター機材関連の記事を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【新作歌詞和訳】Be Who You Are / The Kooks

クークスの新作が先日発表されたので、どこよりもはやく和訳していきたいと思います!

この曲は5月19日発売予定のベストアルバムに収録されます。アマゾンへのリンクは一番下にあります~

 

歌詞

[Verse 1:]
You don't know
Who you are
The rose gonna take and
Make you walk too far

You are a liar
You are a thief
You are a star
But you don't know who you are

[Pre-Chorus:]
You are just a kid
With a sentimental heart
Fade away what happened
Before you were a star

You don't need the package
You don't need the stuff
You don't need nobody
To feel your empty cough

[Chorus:]
Ta, ta, ta
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Baby you're a star
Ta, ta, ta

[Verse 2:]
Never give up, caught a train
Never been a slave to your own name
You are a poet, you are a fake
You are a star
You don't know who you are

[Pre-Chorus:]
We could shout a lie
?
Get a little closer to loneliness' back
There's nothing left to win
And you could only lose
What's giving you for duel
What you always wanna do

[Chorus:]
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Baby you're a star
Ta, ta, ta
Be who you are

[Vocals]

[Bridge:]
Lately I've been feeling
Like the stars were rolling out for me
Stars were rolling out
Lately I've been feeling
But the stars were rolling out for me
Stars were rolling out
But maybe the misleading
Is just a lie reflecting off the street

[Pre-Chorus:]
You are just a kid
With a sentimental heart
Do you feel self?
-

You don't need the package
You don't need the stuff
You don't need nobody
To feel your empty cough

[Chorus:]
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Be, be who you are
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Baby you're a star
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Be who you are
Ta, ta, ta
Baby you're a star
Ta, ta, ta

 

和訳

君は自分が何者かわかっちゃいない

バラは君を遠くにやってしまう

 

君は嘘つき

君は泥棒

君はスター

でもほんとうは何者なのかはわかっちゃいない

 

君は傷つきやすい心のただの子供さ

何が起こってもいつかは忘れる、君が星になる前にね

 

小包みも中身も必要ない

君のむなしい咳を心配してくれる誰かさんもいらないよ

 

ありのままでいてくれよ

ベイベー、君はスターさ

 

諦めるなよ、電車はまだ出てない

名前に操られる人生はおしまいだ

君は詩人で、君は嘘

なによりも君はスターなんだ

君はなにもわかっちゃいない

 

 僕らは真っ赤な嘘をつけたかい?

勝ったって何も残らない、そして君は負けたのさ

戦いが何を君にもたらす?

君の望みは何だい?

 

ありのままでいてくれよ

ベイベー、君はスターさ

 

最近、星々が僕のために輝いているように見えるんだ

街の光もそう見えてしまうよ

 

君は傷つきやすい心のただの子供さ

何が起こってもいつかは忘れる、君が星になる前にね

 

小包みも中身も必要ない

君のむなしい咳を心配してくれる誰かさんもいらないよ

 

ありのままでいてくれよ

ベイベー、君はスターさ

 

Best Of: So Far

Best Of: So Far

 

 

 

 

 

ジャミロクワイの新作アルバム"Automaton"のレビューをしてみる~全曲概観つき

どうもっす!とうとうジャミロクワイの新作がリリースされましたね!

先行公開されていた二曲については既に記事を書いていますが、またアルバム全体のレビューをしていきたいと思います。

 

感想

 ジャミロクワイの葛藤が感じられる作品でしたね、今回は。新たな路線に行くべきかそれまでの音楽を貫くべきか。そして選んだのがタイトルからも分かるように、エレクトロの投入という道でした。

しかしそれまでの「らしさ」全開の曲もあったり、エレクトロの投入といっても程度には緩急をつけるなど、試行錯誤が感じられます。

音楽性に変化をつけつつも、全く新たな境地に旅立つでもなく。中途半端とも言えるかもしれませんが、昔ながらのファンを裏切れないという思いも感じます。

手放しで大絶賛できるほどの傑作ではありませんが、少なくとも「ハズレ」では無い事は確かです。次回作にも期待が持てる、そんな作品でした

 

 

全曲概観 

1.Shake It On

ピアノのシンプルな進行で幕を開けるオープニングナンバーとしてふさわしい一曲。思わず体を動かしたくなってしまうサビへの持って行き方は見事。

2.Automaton

タイトルチューンらしくアルバムのテーマをしっかり表現している。機械音をサンプリングして随所に用い、エレクトロと見事に調和させている。ジャミロクワイらしくないっちゃらしくないが、それでもエレクトロにかき消されない自分の色をしっかり出している。この曲をどう評価するかでこのアルバムに対する評価もわかるだろう。

3.Cloud 9

Automatonとは一転、らしさ満載のアシッドジャズスタイルの曲。今作のリードトラックとして位置づけられている。キラーチューンとは言えないが、従来からのファンもしっかり満足させるであろう。悪く言えば無難。

4.Superfresh

アップテンポなナンバー。ロボットボイスのあたりからダフトパンク感を受けるのは僕だけだろうか。怪しげで妖艶、といった感じの曲。

5.Hot Property

ディスコに似合いそうな四つ打ちナンバー。エレクトロ感強め。いまいちもの足りないと感じていたが後半変化がついてかっこよくなる。特にベースリフ主体のパートはかっこいい。

6.Something About You

サビとかめっちゃかっこいいんだが、無理にシンセ入れなくていいんじゃないかと思う部分が少々あった。軽やかで好きな雰囲気の曲だっただけに惜しい。

7.Summer Girl

名前通り爽やかさを前面に押し出している。スラップベースが気持ちよい。あんまり親れじゃない服屋で流れてそう。

8.Nights out in the Jungle

ベースといいリズムといいAnother one bites the dustみたいなイントロ。このイントロもだがシンセからもレトロな雰囲気を感じる。古臭くて個人的にはお気に入りの曲。

9.Dr Buzz

 一瞬だがサックスソロとギターソロとシンセソロが後半に続く。それらのソロと黄金のジャズ進行とバックコーラスが最高。前半は特に聴きどころなし。

10.We Can Do It

 ちょっとキモいシンセのコードとカウベルっぽいリズムが独特の怪しげな雰囲気を醸し出している。中毒性はナンバーワン。

11.Vitamin

 そこら辺のジャミロクワイの曲を早送りしたらこれができそう。

12.Carla

 このシンセリフ好きだ。なんだかんだこのアルバムで一番うまくシンセを使えてるんじゃないか。

 

いかがでしたか、オートマトン。感想やご意見などございましたらコメント下さるとうれしいです!

 

オートマトン

オートマトン

 

 

【洋楽レビュー】Gorillazが『Humanz』から新曲4曲を公開したので感想を綴ってみる

どうもみなさんこんばんは。

ゴリラズが新曲を発表しましたね、先日は和訳の記事を載せましたが今日はレビューをしていきたいと思います。和訳はこちらからどうぞ

 

www.syumituduri.com

www.syumituduri.com

www.syumituduri.com

 

We Got The Power

youtu.be

まず一曲目はこちら。オアシスのノエル・ギャラガーとのコラボ作です。

どんなものになるかとハラハラしていましたが、二人の過去からは想像できないほどの素晴らしく希望に満ちた曲となっています。最初のコーラスからそれは伝わってきますね。歌詞も、「何があっても俺らにはお互いを愛する力がある」なんて言っちゃって、まあ丸くなったなって気がします(笑)

きらびやかでいつものゴリラズとはかけ離れてはいますが、たまにはこういうメッセージ性の強い曲もアリだと思います。高評価。

Andromeda

youtu.be

続いてこの曲、アンドロメダ。アンドロメダという名前のナイトクラブをイメージして作られた曲のようです。宇宙空間に放り出されたような浮遊感のある曲で、中毒性高め。

歌詞の通り、現実から逃避してどっぷりと音楽に浸りたい時にはちょうどよいかもしれません。このビート感や退廃的な雰囲気はゴリラズにしか出せないでしょう。

 

Ascension

youtu.be

個人的にナンバーワンの曲ですね、Vince Staplesとゴリラズがこんなにマッチするとは驚きです。特にサビがサイコー、ゴスペル風のコーラスがめっちゃかっこいい。最後の方の叫び声みたいなやつはスポンジボブからとってきてるらしい。

ちなみに、次のSaturnz Burzの最初で流れているのはこの曲です。

Saturnz Barz

 

youtu.be

 最後はこれですが、まずこの360°ビューの映像すごくないですか、何回も見ちゃう、キモいけど。

Popcoonのジャマイカン・イングリッシュが独特なビートを生み出しています。

この曲も映像と相まって中毒性の高い曲ですね、何となく印象がAscensionと似てるかもしれません。

そして相変わらず変態なマードック君(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!新作が待ち遠しいですね!

予約はこちらから!

Humanz

Humanz